MC加工は工具(刃物やフライス刃など)が高速回転し材料の表面から層を削り取って所望の形状を作り出せます。材料の硬度や特性に合わせて適切な工具と加工条件を選択し、高い精度と仕上がりを実現します。MC加工は産業界において高精度な部品の製造やプロトタイプの開発に広く利用されています。特に当社製造製品は航空宇宙、自動車、医療機器、エレクトロニクス、エネルギー産業など多くの分野の産業で使用される部品の製造のお伝いをしています。

マシニング(MC)加工

Machining Center

マシニング加工は工作機械を使用して金属やプラスチックなどの材料を削り取る精密加工の一種です。工業製品や部品の製造プロセスで広く使用され、異なる形状や寸法を持つ物体を作成するために用いられます。当社のマシニングは旋盤・フライス盤・ボーリングマシン・ドリルプレスなどの設備を整えています。

対応可能な表面処理

粉体塗装 液体塗装 ラスパート処理 電解研磨 アルマイト(汎用・硬質・着色) 無電解ニッケルメッキ
亜鉛メッキ クロム・ニッケルメッキ 黒染め

マシニング加工は主に工作機械を使用して原料の材料(一般的には金属)から不要な部分を削り取るプロセスです。お客様からお預かりした図面をもとにCADやCAMを用いてプログラムを作成します。作成したプログラムは加工するマシニングセンタに転送します。
小ロット~大ロットまで、非鉄・金属・樹脂など、さまざまな素材の通常の旋盤加工から異形物のご依頼も承ります。

1.材料の固定

加工する材料が工作機械の台座やクランプなどでしっかりと固定します。
材料の安定性は加工の精度に大きな影響を与えます。

2.工具の選択

加工する材料や形状に応じて適切な工具が選択します。
旋盤、フライス盤、ボーリングマシン、ドリルプレスなどさまざまな工具を使用し、工具の刃物やビットは材料を削り取るために使用します。

3.切削プロセス

選択した工具で材料に接触し、回転運動や進行運動を通じて削り取りプロセスを開始します。
この際、冷却液や切削油が使用され摩擦熱を冷却しながら行います。

4.寸法と形状のコントロール

マシニング加工は非常に精密で特定の寸法や形状に達するために工具や材料の位置が正確に制御します。これにより高い精度の部品や製品が作成されます。加工された製品は図面に沿っているか精度の確認を行います。

5.仕上げと表面処理

マシニング加工後、部品の仕上げが行われ表面を平滑にするために研磨や研削を行います。
また部品の表面にコーティングを施すこともあります。

工場 動画案内

※動画は音声があります。

取引先企業様

大手企業様をはじめとする様々な企業様に当社の製品を納品させていただきました。

(敬称略 順不同)

(株)三嶋製作所、(株)アクアテクノ、ハムス(株)、(株)KRI、TODA 、昭和電機(株)、NTECH-ASUARU、テック・ワーク株式会社、(株)SCREENファインテックソリューションズ